若い時は一度勃起するとそのままフィニッシュできましたが、30代を過ぎてからは、中折れすることが多くなりました。
何度かそういう経験をするうちに、ある法則を見つけました。それは、前戯が不十分だと中折れしてしまうということでした。

この場合の前戯とは、パートナーではなくおチンチンに対してです。つまり、おチンチンを十分に刺激し、血行をよくしておくということです。十分に前戯できたときは、確実に最後まで勃起が維持できています。

ですが、ときには十分な前戯をせず、完全な勃起状態じゃなくても、どうしても挿入したくなることがあります。
挿入できるぐらいには勃起していて、気持ちがはやっているときがあります。

こういう時は大体、途中で中折れして中断することになります。
中断したときはパートナーに申し訳ないので、自分でおチンチンをしごくことが多いです。
ここで上手く回復できればいいのですが、最悪の状態になることもあります。それは自分でしごき過ぎて、発射寸前までいってしまうことです。

実は何回もその状態になったことがあります。そうなって慌てて挿入を試みるも、挿入時の快感には耐えきれません。
あえなく挿入と同時にフィニッシュ、これを何度も経験したことがあります。

やはり、おチンチンを完全な勃起状態にすることが一番です。そうするには、パートナーにしてもらうことが一番です。
ということは、自分もパートナーに対して十分な前戯をしてあげることが必要です。

よいセックスをするには、お互いに十分な前戯をしてあげることが大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です