20代後半の頃、ほぼ毎月、風俗に通っていました。

初対面だと、どうも緊張してしまうので、場を和ませようと、会話が自虐的になりがちでした。毎回、当たりを引くわけではないので、時には、入った瞬間から、記憶が無い場合もあります。
しかし、最初の印象はあまり良くなくても、帰るときには、(意外と悪くなかったな。)と思う方が多かったです。

よっぽどのことがない限り、向こうもプロですから、こちらの気遣いも汲んでくれますし、遅漏の私からすれば、

(一生懸命、頑張ってくれてありがとう。)

とも思います。

ただ、プロであっても、意識せずに、(出てるよ!オイ!)というときもあります。対面して服を脱ぐとき、その後、もっとスゴいことをするのに、妙に照れてしまいます。

自虐的に、

『小さくてごめんね〜。』などと言うのですが、

中には、

『そんなこと無いよ!もっと小さい人いるよ〜!』と言う嬢がいます。

(そうか・・・。俺は小さいのか・・・。)と、さりげなく傷付く私。
そんな私に気付かず、いかに小さいモノを持つ客が来たかを、嬉々として話す嬢。

(もう、その話はいいって!)

と思いながらも、空気を読んでニコニコと聞く私。お金を払っても、堂々としていられない私です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です