EDと言っても若い20代の頃の話しです。

ずっと好きだった彼女と付き合うようになり、何度目かのデートの時ホテルへ行くことができました。その時は本当に天にも昇る位嬉しかったのを記憶しています。
それに、彼女は男性経験は全くないということを聞いており、僕が初めてになるという緊張感がありました。僕自身は童貞ではないのですが、20代前半ということもあり経験数が少なく、まだまだ未熟でした。

彼女が処女ということもあり、出来るだけスムーズに行為が出来るよう一生懸命努力しました。いよいよという時に、男性器にコンドームを装着し、挿入を始めました。彼女にとっては、初めてということもありとにかく痛がりました。

男性器の先の部分が入った時、彼女が泣きだし一旦中断。
その後チャレンジしようとしたのですが、彼女の泣きそうな顔を見ると途中から男性器が萎えてED状態に。何とか勃起させようと、キスをしたり胸を触ったりしたのですがダメでした。その場がだんだん白けてして、彼女は泣きだすしで散々でした。

この事件のあと、彼女に連絡をしても「もう会いたくない」とのことを言われました。詳しく聞くと「私(彼女)に魅力がないから出来なかった」という意味のことを言われました。
そうではなく、彼女が泣いたことや緊張のため勃起できなかったと言い訳をしましたがダメでした。

千載一遇のチャンスだったのにと、今でも思い出すことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です